忍者ブログ
自作の小説等を置いていったり、読了した本の感想をほんの少し書いたりしていきます。
〓 Admin 〓
<< 11   2017 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




#9. Divertimento _暴かれる悪意_1


拍手






―それは、一つの苦悩。一つの怒り。一つの恨み。
 それが一つの不純要素。歪みを生み出す動き。
 敵であって味方でもある。いやむしろ、敵でも味方でもない。
 それは悲しみに狂ってしまった悲しい少年。
 それは全てを壊す悲しい殺人者。


  零音は銃声を聞くが、判断力も無くし、何処から聞こえた音なのか、そして誰が死んだのかを特に気にもしなかった。…そのうち自分も死ぬんだろう。そう思いながら歩く。
あてもなく歩いていると、自分が何処にいるかが分からなくなってしまいそうだった。零音は顔を上げ、今いる場所を確認する。
朝霧の家の前だった。…壁が壊れている。そこから光が漏れていた。
「…あそこで、休むかな……」
 休むというよりは、待つと言った方が良かったかもしれない。犯人に会って、…それからは流れに身を任せようと思っていた。
 そして、壊れた壁から、朝霧の家へ入る。そこには…。
「…ッ!?」
 唖然とした。…それは、死体……。
「ノ、トス……?」
 青い髪。ノトスに間違いない。腹から血を流して死んでいる…。どうしてノトスの死体がここにあるというのか。…さっき平山を殺したのは、間違いなくノトスだったはずだ。…それが、十分もしない間に、…こんな…。
 ノトスの血は乾いていない。それどころか、今も流れ続けているのかもしれない。…つまり、殺されて時間が経っていないということ…。
「…そうだ、また銃声が鳴ってた…。なら、アネモイの銃じゃないってことだ…。……どういうことだよ、…。もう、訳分かんねぇ…」
 ノトスは他殺だ。そして、アネモイは四人とも殺された。…つまり、犯人は全て、死んだということじゃ、ないのだろうか……?
 ボレアスも、エウロスも、ゼピュロスも、そしてノトスも死んだ。…そして仲間も皆、死んだ。…たった一人を、除いて。
「……おいおい……」
 冷や汗。…あり得ない想像。けれど、答えはもう、見えている。…もう、それ以外に、ない…。
 彼は、ノトスを殺した。…だが、…ノトスなら、部屋の中までわざわざ入ってきて、返り撃ちにあうだろうか。…どうしても、そんな気はしなかった。そして、…彼がノトスを殺したなら、…彼はどうやって銃を…。
 ならば、何かあるはずだった。…ノトスがここで殺された理由が。
「…ノトス…」
 零音は、ふと気付いた。ノトスが自分の左手を、右手で強く握っているのを。…いや、左手の、薬指を…?
「……悲しすぎる。…どうしてこんなことに、なったのか…」
 九年の歪み。計画されていた終焉。それは、最悪な結末を迎える。
 零音は、ノトスの左手の指輪をとってみる。ゼピュロスの指輪と同じように、その指輪にも、イニシャルが書かれているだろう。
「……は、…?」
 K.N。それが書かれているはずだ。彼はあの時、やけに強調して、自分を能登一哉だと言ったのだから。
 …しかし、書かれているイニシャルは、それとは違う…。
『K.A』
 意味するところは、一つしかない。そんな馬鹿な。じゃあ、あいつは、……。
 零音は理解する。やっと、理解する。…彼は、…ノトスの…。
「……滅茶苦茶だ…」
 この事件は、本当に悲劇だ。…零音はそれを、理解する。どうしてこんなに悲しい戦いを、続けなければならなかったんだ。
 零音は、朝霧の部屋からマジックを取り出し、同じく部屋から白い紙を取ってきて、…そこに文字を書く。
 それを机の上に置いて、零音は歩きだした。……それは、思いつきだったが、…彼は最後に、乗ってくれると信じていた。

 少し経って、一人の少年が現れる。そして机に置いてある紙を訝しげに取った。
 そこにはこう、書かれていた。
『空の緑は、僕らのシェルター。地上の緑は、僕らの約束の場所』
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小説案内
Battle Field――近未来系ミステリ。毒から身を守るために作られたシェルターの中で生きる人々。そんな世界の小さな村で、幼い彼らの元へ訪れる災厄。王道(?)のフーダニットです。
Memory Modification
――異色ミステリ。その日は幸せな一日だったのか。主人公、叶田友彦は、自らに問う。
双極の匣
現在執筆中。四部編成の長編ミステリ。平和だと信じて疑わなかった村の、秘められた闇とは。
pixiv、twitter等
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
文斗
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1992/10/26
最新CM
[06/15 aoi]
[06/10 amenbo]
[06/09 amenbo]
[01/06 文斗]
[01/05 azuki]
バーコード
Copyright(c) 音無き旋律 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]