忍者ブログ
自作の小説等を置いていったり、読了した本の感想をほんの少し書いたりしていきます。
〓 Admin 〓
<< 06   2018 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




#7.Rhapsody _苦悩_3



拍手







 家の中は真っ暗だった。三人は慎重な足取りで、玄関をあがる。ここも家の構造はほとんど変わらないので、部屋の配置などはすぐ分かった。
 子供部屋の扉が閉まっている。まずはそこを、ゆっくり開けてみる。
「……誰もいない…?」
「…いや、…下にいるよ」
零音が床を指さす。そこには、…乱暴に投げ捨てられたかのように、腕や足を曲げた死体が、二つ…。
「ひゃッ…」
 雪が小さく悲鳴を上げた。…その二人は、東の両親だった。
「…やっぱり朝霧が言ってたように、生き残りは先生と子供だけなんだな。……もう、五人しかいないけど…」
 その五人の内、…二人はどこにいるか分からない。数に入れてもいいものなのか。…いや、入れなければ、…生きているのはたった三人ということになる。そんなことは、認めたくはなかった。
 東の両親は、頭部を撃ち抜かれて死んでいる。死んでいる人のほぼ全てが、綺麗に額を撃ち抜かれて死んでいるのに、…どうして舞宮だけ、あれほど残酷な所を撃たれて殺されていたのか…。
「…? どうして東の親は、…東の部屋で死んでるんだ…?」
 そう、ここは、東の部屋だった。なのに東の親は、…ここで並べられるようにして死んでいる…。
「…わかんない…」
 考えても分からないことだった。…二人がどう逃げたにせよ、…結末は死だったのだ。
 三人は子供部屋を出る。そして、リビングへと向かう。
「…!?」
 その時、人の気配を感じる。リビングに、人がいた。しかし、暗くてよくは見うない……。
 だから零音は、電気をつけた…。
「動かないで!」
「誰だ!」
 その声は同時だった。構えた銃がお互いの顔を狙い、…数瞬遅れて、零音が対峙する者の姿が照らされる。
 その姿は、零音と同じくらいの背丈。…そんな人は一人しか、いない…。
「あッ……、あず、ま…?」
 零音が呆気にとられ、銃を降ろしてしまう。…あり得ない光景だった。東が、…零音の親友が、彼に、銃を向けている…。
「お前……、ど、どうしてだよ……ッ!」
 零音は吠える。彼が裏切ったことの苦しみに耐えきれず。そして、彼の姿に耐えきれずに。
「どうして! …そんなに血塗れなんだよッ!」
 東の顔も、服も、至近距離から浴びたと思わしき血が、大量についていた。その血が未だ深い赤の光を放っていて、それを浴びてまだ時間が立っていないことが分かる……。
 答えは、聞かなくても分かった。…しかし、認められるはずがなかった…。
「お前、が…、舞宮を…、…」
 否定してほしかった。彼がそんなことをするなんて、…認めたくなかった。
「……撃った。殺し」
 東の頬を、零音が殴った。懇親の力を込めて殴ったのだろう。東は銃を落とし、倒れ込む…。
「ふざけんなよッ! どうしてだ! どうして! なんで殺したんだッ! 大切な、仲間を…! お前は命がどんだけ重いかわかってんのかよッ!?」
 口を切ったのか、口元を拭い、銃を取って、東は、立ち上がる。
「分かってるよ! 命の重さくらい! 俺がどれだけのことをしたかくらい、分かってるんだよ…ッ! でも、でも…、替えられないんだよ。自分の、…大切な人の、命には…」
 その顔は、血と涙で滅茶苦茶だった。複雑に絡んだ感情が彼の顔を歪める…。
「お前、……まさか」
 その言葉は、遠まわしに訴えていた。彼がどうしてこんなにも苦しんでいるのか、その理由を。
「ええ、東くんは役に立ってるわよ。…ねぇ」
 東の後ろに現れたのは、…緑色の髪の、ゼピュロス。彼女は、東を嘲笑しながら、彼の頭に銃を突きつけた。
「……」
 東の顔は青ざめている。そしてその銃は服従の証。再び彼は、零音に銃を向ける…。
「…そういう、ことかよ……」
 零音は歯を食いしばった。…分かってあげられなかった不甲斐なさと、…ゼピュロスへの、…アネモイへの怒りが、彼の腕を震わせる。
 ゼピュロスは、急かす。東に、更なる罪を、犯させようとしている。…こめかみに、銃を抑えつけられる。…ぐりぐりと。それが東を更に恐怖させる…。
「許してよ……誰も死んでほしくないんだよ……でも、殺さなきゃ、殺されるんだよ…嫌なんだよ…」
 涙を溢れさせて、銃の引き金に、指をかける東。…体が震えていて、心がまだ拒否を続けているのが分かる。…殺さないで。大切な仲間を。
「…東、くん…」
 関先生が、乾いた口を開く。
「……両親は、そこにいたわ…」
 東が、目を開く。そんなはずはない。…そう言うかのように。
 零音は、関先生がなぜそんなことを言うのか分からなかった。…東を悲しませるだけの結果にしか、ならないのに。
 いや、しかしそれは、東の心を動かすことにはなるのかもしれなかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小説案内
Battle Field――近未来系ミステリ。毒から身を守るために作られたシェルターの中で生きる人々。そんな世界の小さな村で、幼い彼らの元へ訪れる災厄。王道(?)のフーダニットです。
Memory Modification
――異色ミステリ。その日は幸せな一日だったのか。主人公、叶田友彦は、自らに問う。
双極の匣
現在執筆中。四部編成の長編ミステリ。平和だと信じて疑わなかった村の、秘められた闇とは。
pixiv、twitter等
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
文斗
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1992/10/26
最新CM
[06/15 aoi]
[06/10 amenbo]
[06/09 amenbo]
[01/06 文斗]
[01/05 azuki]
バーコード
Copyright(c) 音無き旋律 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]