忍者ブログ
自作の小説等を置いていったり、読了した本の感想をほんの少し書いたりしていきます。
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




#11. Postlude _残された者


 

拍手






―俺は飛び立つ。
 皆が辿り着けなかった未来に向かって。
 全てを失っても。
 再び生まれるものはあるはずだと、信じて。


 その日は晴れていた。女の人が、花壇の花に水をあげている。赤色、黄色、桃色。様々な色の花が咲き乱れていて、心が安らぐ風景だった。
 その花壇の先には、幼稚園の様な建物が見える。中からは、子供がはしゃぐ声が聞こえていて、…本当にここは幼稚園かもしれないと思える。
 けれど、…ここは幼稚園ではない。…施設内にいる子供の年齢は様々で、年長は十六歳程の子供もいた。
 砂を踏む音が聞こえて、来客が来た事に気付く。水をやっていた女性は、その来客に挨拶した。
「…こんにちは。何か御用ですか?」
 こんな所に用があるなら、一つしか考えられなかった。来客は、少年。…少年がここに来るということは、…彼もまた、…身よりを亡くした者…?
 そう、それは当たっている。彼にはもう身よりはいない。…彼は全てを失って、今ここにいるのだ。
 それでも、得られるものはある。
「…引き取りたい子がいるんです」


 一人だけ、皆の輪の中に入れない子がいた。その女の子は、部屋の片隅で本を読んでいた。ここには運悪く、同じくらいの年の子がいなかったのだ。そんな中、ここで長い間過ごしてきた。
「未来ちゃん、来て、来て」
 保護者代わりの保母が彼女を呼ぶ。その声は、何かうれしい事を予感させる声だった。だから読んでいた本を放り出して、関未来は保母のもとへ駆け寄る。
「なあに?」
 保母は何も言わない。けれど未来の背中を押した。急かすように。
「………」
 そして二人は対面する。悲しい物語の果てに残された二人は、…ここに出会う。
「…はじめまして」
 零音はしゃがんで、未来と同じ目線で挨拶をする。人見知りなのだろうか、未来は少し怯えながら、挨拶を返した。
「…はじめ、まして」
 零音は笑う。…だから未来も、良く分からなかったけれど笑った。悪い人ではなさそうだと、理解してくれたのだろうか。
「…お兄ちゃん、だあれ?」
 未来は聞く。…その質問に、口元に笑みを浮かべながら、零音は答えた。

「俺はね、…君のお母さんの、……弟なんだ」

 そして二人は歩きだした。
 まだ見ぬ、真っ白な世界へ。

 

 

 

 

 

 


――終
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小説案内
Battle Field――近未来系ミステリ。毒から身を守るために作られたシェルターの中で生きる人々。そんな世界の小さな村で、幼い彼らの元へ訪れる災厄。王道(?)のフーダニットです。
Memory Modification
――異色ミステリ。その日は幸せな一日だったのか。主人公、叶田友彦は、自らに問う。
双極の匣
現在執筆中。四部編成の長編ミステリ。平和だと信じて疑わなかった村の、秘められた闇とは。
pixiv、twitter等
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
文斗
年齢:
24
性別:
男性
誕生日:
1992/10/26
最新CM
[06/15 aoi]
[06/10 amenbo]
[06/09 amenbo]
[01/06 文斗]
[01/05 azuki]
バーコード
Copyright(c) 音無き旋律 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]