忍者ブログ
自作の小説等を置いていったり、読了した本の感想をほんの少し書いたりしていきます。
〓 Admin 〓
<< 02   2020 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     04 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

双極の匣、最新話です。ブログに上げるのが毎度遅れてしまい、申し訳ないです。

アドレスは、

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3460197


になります。

数えてみると、地震の話はあと3回でした。それからは、滝の書き残した遺書の話になったり、です。

では今日はこのへんで。

拍手

PR
双極の匣、最新話です。こちらでのアップがまた遅れてしまいました……。

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3430237


こちらがアドレスになります。


地震の話は、あと5,6話ほど続くと思われます。過去編自体はあと8話ほどですかね……。

そこから虚構編に繋がっていきますので、お付き合いいただければ。

解決編が早めに完成すれば、投稿ペースを上げていくことなども考えております。その場合は、週一回で一章をあげていけるかもしれません。

と、それでは今日はこのへんで。

拍手

ツイッターを始めてからこちらの更新がぷっつりと途絶えてしまうという、ありがちなことになってしまい申し訳ありません……。こんばんは、文斗です。

こちらの更新が停滞していた間に、双極の匣をかなり投稿しておりましたので、そのアドレスをずらりと並べていきたいと思います。


双極の匣 五章 事件編 第二の殺人

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3035701


双極の匣 事件編 六章 生贄

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3092057


双極の匣 事件編 七章 第三の殺人

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3144177


双極の匣 過去編 序文

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3164824


双極の匣 過去編 ○村の歴史

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3164871


双極の匣 過去編 ○二十五年前 新田正

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3190171


双極の匣 過去編 ○十六年前 福井望

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3228544


双極の匣 過去編 ○十二年前~ 久藤竜一

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3252196


双極の匣 過去編 ○十二年前 大路行人・沢田久美

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3283003


双極の匣 過去編 ○九年前 大路家

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3313004


双極の匣 過去編 ○九年前 清水恵・柿本紗綾

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3340538


双極の匣 過去編 ○八年前 群馬大地震

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3365962


双極の匣 過去編 ○八年前 群馬大地震――大路行人・沢田久美

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3396147


以上になります。とんでもない数になってしまって申し訳ない……。

今後ブログをどうしていくかも考えておくことにします。

それでは今日はこのへんで。



拍手

こんにちは、文斗です。

一日投稿が遅れてしまったのですが、双極の匣、四章を投稿いたしました。

アドレスは、


前半・http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2984742


後半・http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2984761


となります。

二分割になるとは思っていませんでしたが……三章の切れ目が少し悪かったかもしれませんね。ただ、事件がドンと起きてそこで一旦フェードアウトという感じがよかったので、残りの部分が四章に食い込んでしまいました。

これで事件編も半分を過ぎました。今書いている部分にぐんぐん追いつかれてきている状況なので、遂に追いつかれる、なんてことにならないようやっていきたいです。

では、今日はこのへんで。


拍手

こんにちは、文斗です。

ツイッターを始めてみて、やはりブログよりも簡単に更新できるので(というか更新、というような感じじゃないですね。なるほど呟きといった感じ)、こちらの更新がおろそかになりそうです。

もういっそ、こちらは本当に作品投稿の報告くらいにしてしまうかもしれません。その可能性大です。

さて、ということで小説の投稿の報告です。

双極の匣、事件編の三章をアップしました。いよいよ物語が動き出します。

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2927297

こちらがリンクになります。この章長いかな、と思ったら前二章より少なくてちょっとびっくり。そしてがっかりです(

それでは今日はこのへんで。

次もこちらの更新は、投稿のときになるんでしょうね……。

拍手

小説案内
Battle Field――近未来系ミステリ。毒から身を守るために作られたシェルターの中で生きる人々。そんな世界の小さな村で、幼い彼らの元へ訪れる災厄。王道(?)のフーダニットです。
Memory Modification
――異色ミステリ。その日は幸せな一日だったのか。主人公、叶田友彦は、自らに問う。
双極の匣
現在執筆中。四部編成の長編ミステリ。平和だと信じて疑わなかった村の、秘められた闇とは。
pixiv、twitter等
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
文斗
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/10/26
最新CM
[06/15 aoi]
[06/10 amenbo]
[06/09 amenbo]
[01/06 文斗]
[01/05 azuki]
バーコード
Copyright(c) 音無き旋律 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]